髪を傷めない縮毛矯正とパーマ:ミコノスで髪質改善!

髪が傷まない縮毛矯正とパーマ!ミコノスSTジェルクイックトリートメントの威力!byラポール

あの頃と、何も変わっちゃいない...

んとうに「パワー」のあるビジネスパーソンは、ちょっと先のことではなく、20年、30年先の未来を構想して、ビジネスプランを作り込むのだといいます。

例えばクルマ業界。

ハイブリッドなどのエコカーとか、自動アシストブレーキなどを装備した安全性の高いクルマとかが、今、各メーカーから売り出されてきていますが、これらは何も、ここ1、2年でいきなり出てきたコンセプトではないことでしょう。

きっと何十年も前から。排ガスの問題とか、大きな事故が起こったときから、誰かが構想を練り始めていたからこそ、今、それが現実になってきているのでしょう。

では、この美容業界はどうでしょう...

今後、20年先を構想するならば、まずは、20年前を見てみることが必要です。

‥で、20年前に想いを寄せてみると、、
実は、その頃から何も変わっちゃいない・・という現実に出くわします。

ちょうど、僕がこの業界に入って仕事をし始めたのが、22年前。
その頃を振り返ってみると、もちろんそれは、悪い意味ばかりではなく、いい意味でも捉えられますが、ほんとうに、たいして今と変わっちゃいないのです...

例えば、クルマ業界に限らず、劇的な変貌を遂げている分野は、山ほどあります。

いま、このブログをパソコンで書いていますが、コンピューターの世界など、劇的な変貌を遂げた最たる世界でしょう。

今から20年前。

パソコンなど、持ってるひとは、まだ稀な時代でした。
僕自身は、ワープロを購入して3、4年経った頃だったかな?てなところ。
もちろん、インターネットなんて、何それ??という感じです。
ブログなんて、まだまだ存在すらしてなかったように思います。

確か、携帯電話も、ちょうど初めて持った頃か?まだ持ってなかったか?といった時代。

この業界に入る前に、運送業をしてたのですが、その際、ポケベルを持たされて、しょっちゅうピコピコ呼び出し音が鳴って、配送中にいちいち公衆電話を探さねばならず、イライラしてたのを思い出します。

それから20数年経った現在。。

もの凄〜い変化、進化、革命・・といってもいいくらい変貌を遂げています。


・・一方、私たちの美容業界は、ほんとうにたいして変わっちゃいないことに気づかされます。

20年前。僕は、ミコノスを「パーマ剤を使わずウェーブが...」というキャッチフレーズで紹介、美容室に飛び込みを中心にして営業していました。
薬液自体だって、僕の取り扱い商品に限らず、当時とそれほど変わっちゃいません。

今、さすがに同様な方法・アプローチは取ってはいませんが、たぶん、同様の切り口で営業をかけていたとしても、それほど「時代遅れ」的な対応とはいえないように感じます。。

たぶん、コンピューター業界で、ポケベルとか、初期の頃の携帯がもしもあったとしても、(この業界がどういう販売方法を取っていたか知りませんが)もしも当時と同様の販売方法を取ったとしたら、、たぶん、まったく成果が出せないことでしょう。。

美容業界とは、おおちがいです。

この業界のメーカーとか、ディーラー(代理店)とかに目をやると、多くの会社が、ほぼ当時とそれほど変わらないアプローチを、今も取り続けています。

美容室の場合も(特に技術的には「いい意味」も結構多いのですが)、それほど20年前と変わっちゃいません。

・・なぜ?僕たちの業界は、それほど変わらないのか?

いい意味では、「技術」というものがしっかりと確立されていて、それが、結構な確率できちんと伝承されているのでしょう。

ただし、悪い意味でも捉えなければいけません。

そこは、大きくみれば、技術そのものとか、商品とかではなく、いわゆる「ソフト面」です。
接客とか、お客さまへのサービスとか告知の方法とか、、そういった部分が非常に弱いのです。

未だ、「いい仕事をしていれば、自然とお客さまは増える!だから、いい仕事をするだけでいいんだ」・・という意識で留まってしまっていて、じゃあその魅力を伝える工夫はしているの?

飽きさせない工夫は?

繰り返しお客さまに来て頂くためにどういったアプローチをしてるの?

新規のお客さまを、どうやって集めようとしてるの?etc.

ひんしゅくを買うのを恐れずに言えば、僕らは、何もしちゃあいないのです。。
もちろんそれは、「そうしていた方がいい」連中が、ある意味意図的に、そうしている面もあるんだと思います。

僕が感じるには、それをリードするのは、代理店(ディーラー)です。

彼らが、「変化しない美容室」でいるように仕向け、メーカーを牛耳って美容師さんの進化無しで使える製品を作らせ、自分らの意図する世界を作ってきたわけです。

そしてそれは今、ある種のパワーゲームを繰り広げながら、囲い込みの戦略へと移っています。

ま。それはそれで、美容室にも、メーカーにも、問屋にも、ある意味のメリットを生んでいるのだから、いい面もあるんだろうな・・とは感じるのですが。。。

どこかそこに、「ほんとうのお客さま」である、美容室のお客さま=エンドユーザーさんがないがしろにされている空気を感じるのです。

もちろん、彼らもそこは意図してなくて、一生懸命生き残りをかけて自分らの意図する業界を作ってきた結果、それがどこか、エンドユーザーさんに向いてなかった・・という側面を生んでしまっただけなのでしょうけど。。

とはいえ、こうした業態だからこそ僕らのような者も歩める余地もあるのかもしれないんですけどね。

だからこそもっともっと、特化を極めないといけないわけでして...
そう、していきたいものです。

何か、核心の前の、抽象的なところで終わってしまってスミマセンが、いずれ、具体的なところへ深化していきますので...


☆厳選☆マレーア取り扱い美容室
☆マレーア施術例掲載美容室一覧☆

ミコノスサロンへ来店されたお客さまの声
ミコノスサロンへリピーター続出!
ご新規様ご来店! ご新規様ご来店記事一覧


ライバル美容師に今すぐ恥をかかせたいならば‥
急ぎ下記へTELまたはフォームよりメール送信をしてください!

 マレーア・レナータシステム  
ラポール
 代表: 

荒井克博  

地域一番のブッチギリで髪をツヤツヤにできる美容室に!
美容室専用お問い合わせフォームはここをクリック!

TEL:046-826-1364[24時間受付]*不在時は留守電対応
(お電話番号、貴店名、ご担当者名をお吹き込みください。翌営業日迄にご連絡いたします)
メールでのお問い合わせは今すぐ以下のアドレスへ!
rapp@miconos.info

ミコノスシャンプー・トリートメントなどホームケア製品一覧

[ 2015/11/19 09:34 ] 新・あなたへのメッセージ | TB(-) | CM(-)
カテゴリー
サイトマップ
あなたもこうなる!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: