マレーア・レナータSYSTEMに進化!(ミコノスは廃盤)

髪が傷まない縮毛矯正とパーマ☆マレーアTAKUMIサロンの美しい施術!

成長..

底的に叩け!

これは、「戦い」のルールです。

ビジネスの世界も、ある意味「戦い」であるのだから、
同じように考えるべし。

相手に隙を見せたら負けてしまうし、
相手に情けをかけてしまって、
壊滅させれるときに壊滅しておかなかったら、
後で復讐される隙を与えてしまうかもしれない..

と。。

でも、どうなんでしょう?

本当に、相手をそこまで叩き潰す必要はあるのでしょうか?

ひとは皆、徹底的にやっつけられれば、
それは恨みに変わります。

ビジネスは戦争といえども、所詮はほんとうの戦争のように、
相手の命を奪うわけではありません。

たとえ、相手の命までをも奪う、本当の戦争であっても、
その遺族とか、同胞とか、同じ国民とか、民族とか...
そうしたひとたちの「感情」に恨みは残っていくわけです。

そしていつか、必ず復讐される...

もしくは、膨大な「復讐への備え」という
ある意味で「恐怖のコスト」を支払い続けなければならなくなる...

それが、子供とか孫、あるいはそれ以降の世代になったり、
未来永劫続いて行く形になったりしてね..

だからって、
「いつか自分に返ってくるよ、だから、徹底的には潰すな」
・・という論理ではないのですが。。

完全に壊滅さすには、
こっちもそれなりの労力をかけなきゃいけないわけで。
それはそれで面倒だし、
ムダな時間を過ごすことになるわけですし。

まあ、そんなわけで。

そこまで叩く必要は無いのかなぁ??
・・と最近考え出しています。

どっちみち、こっちは今そこにあるような場所に
居続けるわけじゃありません。

そこで、彼らと一緒に今迄どおり、
のんべんだらりと、奴らと同じレベルで、
そのまま戦う気なんてさらさらないわけでね...

「フィールド」そのものを変えていくわけだから。

奴らとは、交わらなくなるわけですよ。
根本的には...

そんなわけで。

まあ、奴らにも余力を残しておいてあげてもいいのかなぁ?
・・と、思い出している、今日この頃ではございます。。


☆厳選☆マレーア取り扱い美容室
☆マレーア施術例掲載美容室一覧☆

ミコノスサロンへ来店されたお客さまの声
ミコノスサロンへリピーター続出!
ご新規様ご来店! ご新規様ご来店記事一覧


ライバル美容師に今すぐ恥をかかせたいならば‥
急ぎ下記へTELまたはフォームよりメール送信をしてください!

 マレーア・レナータシステム  
ラポール
 代表: 

荒井克博  

地域一番のブッチギリで髪をツヤツヤにできる美容室に!
美容室専用お問い合わせフォームはここをクリック!

TEL:046-826-1364[24時間受付]*不在時は留守電対応
(お電話番号、貴店名、ご担当者名をお吹き込みください。翌営業日迄にご連絡いたします)
メールでのお問い合わせは今すぐ以下のアドレスへ!
rapp@marea.cc

ホームケア製品一覧

[ 2017/01/07 09:35 ] 新・あなたへのメッセージ | TB(-) | CM(-)
カテゴリー
サイトマップ
あなたもこうなる!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: