髪を傷めない縮毛矯正とパーマ:ミコノスで髪質改善!

髪が傷まない縮毛矯正とパーマ!ミコノスSTジェルクイックトリートメントの威力!byラポール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆厳選☆ミコノス取り扱い美容室
☆ミコノス施術例掲載美容室一覧☆

ミコノスサロンへ来店されたお客さまの声
ミコノスサロンへリピーター続出!
ご新規様ご来店! ご新規様ご来店記事一覧


ライバル美容師に今すぐ恥をかかせたいならば‥
急ぎ下記へTELまたはフォームよりメール送信をしてください!

 ミコノス専門美容ディーラー  
ラポール
 サロン集客プランナー: 

荒井克博  

地域一番のブッチギリで髪をツヤツヤにできる美容室に!
美容室専用お問い合わせフォームはここをクリック!

TEL:046-826-1364[24時間受付]*不在時は留守電対応
(お電話番号、貴店名、ご担当者名をお吹き込みください。翌営業日迄にご連絡いたします)
メールでのお問い合わせは今すぐ以下のアドレスへ!
rapp@miconos.info

ミコノスシャンプー・トリートメントなどホームケア製品一覧

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

勝ち馬に乗りたがらない人々..

の世界は、何よりも、
人と人の繋がりがものすご〜く大事。

私が感じるには、この傾向は、
近年ますます増して来ているように思えるのです。

なぜならば、ネットの普及で、
人は過去の歴史に類を見ないほど、
カンタンに繋がれるようになってしまったからです。

「なってしまった」と、
ややネガティブな感じで記したのには、理由があります。

それは、このせっかくの恩恵をうまく利用しないで、
逆風にしてしまう
ひとが結構いるからです。

勝ち馬に乗れ!・・とよく言います。

でも、そうはしない...

今、ネットの普及で、
 ☆勝ち馬はさらにどんどん勝つように...
 ★負け馬は、さらにどんどん負けるように...
・・なってきているわけです。

そして恐らく、99%以上の確率で、
勝ち馬の方が、負け馬よりも正しく、
周囲の人々にとっても、有意義な方向へと動いているのです。

なのに、それを無視して、
自分自身だけが、常が正しいと思い込んでしまうのです...

例えばいま、日本への、
外国人観光客が激増していることなどは良い例です。

これはもちろん、日本が国や地域をあげて、
観光客の増加をはかっていて、
それが一定の成果を収めていることも事実でしょう...

でも同時に、観光客自身が、
日本の観光地の素晴らしや日本自体の良い点を、
ネット等を通じて公開していることも、
かなり大きな要因になっているわけです。

ブログ、インスタグラム、Facebook・・etc.

こうしたメディアに、誰かれともなく発信し、
それを検索したりして見たひとが、
そこに「行ってみたい!」と思う


それで、実際に行ってみて、
さらにそのひとも自分のメディアにその素晴らしさを投稿し、
それを見たひとが、
自分も同じように訪れてみたい!・・と思う...

‥こうした、もの凄い善循環が起こっているわけです。

でもたまに、この波に逆らって、
評判の悪い場所とかに訪れるひともいます。

しかしながら、それは多勢に無勢。

悪い評判ばかりのところは、
大抵のひとも悪く感じる
から、
さらに悪い評価が増えて、やがて、
訪れるひとが激減していくわけです。

こんな事。実は大昔から当たり前に起こってる事です。

実際、口コミとかを中心とした「伝播のパワー」は、
以前からあらゆるところで論じられており、
それは何も、現代に始まったことではないのです。

ただ、ネット社会の発展は、
この傾向に、もの凄い勢いで、
倍々ゲームで拍車をかけているのです。

これがわからないで、
「負け馬」に乗り続けていたり、
勝ち目の無い馬を選ぼうとしてしまったら、、

とんでもなく至難の道。。

様々な逆風と戦って、それに打ち勝って、
自分自身の地位を得ていくのは、
並大抵のパワーではできない
のです。。

特に、勘違いしてはいけないのは、
現代の、こうした混沌とした状況のなかで、
勝ち馬となっていくには、
それ相応の、優れたシステムが必要だということなのです。

そのシステムとは、戦略であり、構想であり、
様々な戦術です。

特に、中・長期的な視点から、
これらをしっかり組んで、そのための環境を整備して、
何よりも「賛同者を増やす」ための方法論が確立していないと、
何をしようとしても、ままならないのです。

この、現実を把握することです。

ひとは誰も、マザーテレサではないのです。

そこには、入れるときに入っておかないと、
いざ入りたくなったとしても、
その時は、拒否されてしまう
可能性だってあるのです。

特に、ビジネスの世界はシビアです。

どんな団体、どんな勝ち馬だって、
まずは、ライバルを排除しなけりゃいけないのです。

世界的な独占企業の、例えばグーグルにしたって、
アップルにしたって、マイクロソフトにしたって、、

こうした戦いを経て、勝利して、独占市場を築いたわけです。

そして、敵を排除した...

その「敵」だった者が、
シッポを振って「ボクも入れて!」と懇願して来たって、
そのときは、あっさりと拒否されて当然なのです...

私は、私のような無能な人間は特に、
スティーブ・ジョブズにはなれないし、
ビル・ゲイツにも、ラリー・ペイジにも、、
なれないと思っています。。

だからこそ、仲間を大事に。。

そして、勢いのある、または、
勢いがつきそうな集団に入っておくべき
だと思うのです。

そして、今のネット社会は恐ろしく、
でも、かなり健全だと考えています。

なぜなら、そこに「ウソ」があれば、
人々にたちまち見抜かれてしまう・・そんな場でもあるからです。

つまり、負ける馬には、それなりの、
誤った問題、よくない素因があった
わけです。

終わり行くモノには執着しない方がいいのです...

それは、何かを間違っていた、、
どこかを誤摩化していたからこそ、終わってゆくのです。。

過去の歴史をみても、
勢いを失って敗北が濃厚な無能な主君に忠誠を尽くし続けた者が、
自分らのチカラだけで形勢を逆転したことなど、
ただの一度もない
のです。

全て、その主君と一緒に朽ち果てていったのです...

形勢を見て、勢いを得そうな集団についた者だけが、
その身を滅ぼさないで済んだわけです。

歴史上も、何度も繰り返されて来た「生き残りの法則」には、
逆らわないことです
。。


☆厳選☆ミコノス取り扱い美容室
☆ミコノス施術例掲載美容室一覧☆

ミコノスサロンへ来店されたお客さまの声
ミコノスサロンへリピーター続出!
ご新規様ご来店! ご新規様ご来店記事一覧


ライバル美容師に今すぐ恥をかかせたいならば‥
急ぎ下記へTELまたはフォームよりメール送信をしてください!

 ミコノス専門美容ディーラー  
ラポール
 サロン集客プランナー: 

荒井克博  

地域一番のブッチギリで髪をツヤツヤにできる美容室に!
美容室専用お問い合わせフォームはここをクリック!

TEL:046-826-1364[24時間受付]*不在時は留守電対応
(お電話番号、貴店名、ご担当者名をお吹き込みください。翌営業日迄にご連絡いたします)
メールでのお問い合わせは今すぐ以下のアドレスへ!
rapp@miconos.info

ミコノスシャンプー・トリートメントなどホームケア製品一覧

[ 2017/06/28 09:34 ] 新・あなたへのメッセージ | TB(-) | CM(-)
カテゴリー
サイトマップ
あなたもこうなる!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。