マレーア・レナータSYSTEMに進化!(ミコノスは廃盤)

髪が傷まない縮毛矯正とパーマ☆マレーアTAKUMIサロンの美しい施術!

独占せよ!

んな組織でも、当初の競争は、
どうあがいても、
回避できないように感じてしまいます...

実際、グーグルやアマゾン、アップルなどの世界的な企業も、
現実には他社との「競争」に勝利して、
競争市場を抜け出した
のだと思うのです。

そして、「あの会社には到底かなわない」と、
他社がサジを投げるような状況が生まれた...

そうなって初めて、
ほぼ「市場を独占している状況」を作るに至ったように思うのです。

だとすると、どんな企業・組織にとっても、
「支配」に至るまでのファーストステップの段階では、
必ず、「競争」に遭遇する
わけです。

そこで、ここを突破する・・
つまり、「最初の競争に勝利する」ために、
最も大事なことは、何なのか?


・・こういったことを、最近、よく考えています。

もちろんだからといって、
私程度の人間が、世界的な企業など作れるわけはありません。

だから、ほんとうの意味での独占ではないのですが...

でも、ニッチの、さらにニッチなところでは、
「独占」を作ることは可能
なのでしょう。

そしてその独占は、私たちがかつて学校でお勉強したような、
「机上の理論」からは遠いところにあります。

昔習ったように、独占すると必ず、
ユーザーや社会にとって、価格の上昇などの、
「不利益を招く」とはならないのです。

独占=悪さをするのは、
極めて公共性の高い機関だけだと思うのです。

特に、ネットの発展した現在では、
もしも市場を独占した結果、ユーザーに不利益を与えれば、
たちまちその企業はやっつけららてしまう
わけです。

つまりは、独占=独占ではない。。

隙あらば、その独占状態はすぐに他社にとって変わられるような、
別の意味での「競争」状況が、水面下では維持されているわけです。

だから、多くの独占企業は、
周りにとっても、非常に「善」な状態を起こせるわけです。

実際、例えば街のほとんどの「パン」の需要を独占しているような、
人気のパン屋さんは、パンを買いに来るお客さまに向いてるわけです。

人気の病院も、多くの病院とはちがって、
患者さんに寄り添うことが出来ているのです。

過疎ならば話は別ですが、ほんんどの街では、
こうした感じの「独占組織」こそが、
人々に色んな意味での「良い影響」を与えられる
のです。

「独占」を、目指しましょう!


☆厳選☆マレーア取り扱い美容室
☆マレーア施術例掲載美容室一覧☆

ミコノスサロンへ来店されたお客さまの声
ミコノスサロンへリピーター続出!
ご新規様ご来店! ご新規様ご来店記事一覧


ライバル美容師に今すぐ恥をかかせたいならば‥
急ぎ下記へTELまたはフォームよりメール送信をしてください!

 マレーア・レナータシステム  
ラポール
 代表: 

荒井克博  

地域一番のブッチギリで髪をツヤツヤにできる美容室に!
美容室専用お問い合わせフォームはここをクリック!

TEL:046-826-1364[24時間受付]*不在時は留守電対応
(お電話番号、貴店名、ご担当者名をお吹き込みください。翌営業日迄にご連絡いたします)
メールでのお問い合わせは今すぐ以下のアドレスへ!
rapp@marea.cc

ホームケア製品一覧

[ 2017/07/14 09:37 ] 新・あなたへのメッセージ | TB(-) | CM(-)
カテゴリー
サイトマップ
あなたもこうなる!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: