FC2ブログ

マレーア・レナータSYSTEMに進化!(ミコノスは廃盤)

髪が傷まない縮毛矯正とパーマ☆マレーアTAKUMIサロンの美しい施術!

琵琶湖は石けんで汚れたのか‥?

6の「琵琶湖の赤潮は、生分解性の悪い合成洗剤のせいで発生した!」ことについて

 赤潮(湖では水の華と呼ばれることも)は、植物プランクトンなどの藻類が異常に繁殖した状態です。これは湖や沿岸の栄養分が急速に増加する「富栄養化」がきっかけで起こります。

 通常天然水には窒素やリンといった栄養素が少なく、水中植物や植物プランクトンの量はこれらの栄養素量によって増え過ぎないようにバランスが自然にとれています。

 ところが特に「リン」が通常以上に増えると、水中植物や植物プランクトンなどの藻類が急速に増えだします。


 この植物プランクトンの異常繁殖が起こると、水質悪化、藻類を食糧とするカビ・細菌が繁殖し、水中酸素を消費し容存酸素量が減少し、魚が生きられなくなる等の影響がでてきます。

 こうした問題を引き起こした「リン」が、合成洗剤や石けんに配合されていました。石けんカスの発生を抑えるために役立っていたからです。

 ところが、昔は排水が河川に垂れ流しだったこととも相まって、湖に流れ込み、水の華とそれによる水質汚濁の問題を起こしてしまったわけです。

 ただし、問題発生以後洗剤の無リン化がすすみ、現在は解決されています。


 この問題は、便利で善かれと思ったリンの添加が思わぬ悪影響につながってしまったことにより起きたものです。石けんでも合成洗剤でも「カス」がでて洗浄力が落ちる問題はあったので、決して合成洗剤の界面活性剤の問題でも、石けんの場合は関係ない問題でもありません。

 にもかかわらず、これも「合成洗剤が悪い」として「石けんで環境に優しい暮らしを」なんて宣伝に利用するひとがでてくると、もうしたたかさに感心すら覚えてしまいます。


 さらにおかしなひとは、この赤潮も、「プランクトンを食べるはずの魚が、合成洗剤の毒で死ぬから異常に増えたんだ」なんて言い出しますから、たまげたもんです。

 もしこれが正しければ、「富栄養化問題」なんて呼ばず「魚大量死問題」とか呼ぶに決まってるでしょうに、あきれてしまいます。



マレーア・レナータSYSTEM☆HOME
☆厳選☆マレーア取り扱い美容室

マレーアサロンへ来店されたお客さまの声
マレーアサロンへリピーター他美しい施術例!
ご新規様ご来店記事一覧


最新!お客さまに喜ばれながら美容室を繁栄させるには・・
急ぎ下記へTELまたはフォームよりメール送信をしてください!

 マレーア・レナータシステム  
ラポール
 代表: 

荒井克博  

信頼を寄せられ、リピート続出!髪をツヤツヤにできる美容室に...
美容室専用お問い合わせフォームはここをクリック!

TEL:046-826-1364[24時間受付]*不在時は留守電対応
(お電話番号、貴店名、ご担当者名をお吹き込みください。翌営業日迄にご連絡いたします)
メールでのお問い合わせは今すぐ以下のアドレスへ!
rapp@marea.cc

ホームケア製品一覧

[ 2009/11/09 23:25 ] 界面活性剤 | TB(-) | CM(-)
カテゴリー
サイトマップ
あなたもこうなる!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: